スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスクについて

新型インフル発生に伴い、マスクが各地で品切れを起こしているようです。
先日も調剤薬局に、マスクを買い求める患者さんを見ました。車の駐車もそこそこに、
「マ、マスクない?」と顔色を変えて話ていた姿は忘れられません。

そもそも、マスクの効用は・・
マスクによって体内へのウィルスの侵入を防ぐ ということですが、ウィルスの大きさはかなり小さく
通常の目の粗いマスクでは何の効果もないです。

N95マスクという高機能マスクは、効果が実証されていますが、N95マスクをきちんと装着すると
息苦しく、日常生活には不適です。

その下のグレード、サージカルマスクという不織布で作られたマスクでは、ウィルスの侵入は防げないのです。サージカルグレードは飛沫感染を防ぐ(簡単に言えば、自分が出すつば等の飛沫による他者への感染を予防する)役割です。自分ではなく、他人への配慮?みたいなのもの。

にもかかわらず、自分を守るためにマスクをしている気になって安心しているのです。

マスコミもマスクをすれば安全!という間違ったニュースを流しているようで、一層誤りに拍車をかけていますね。

N95マスクも品薄ですが、本当に感染予防をと言うなら、これしかないです。その他のマスクを買い漁る必要はないとは言いませんが、上記の理由でお薦めはしません。

現在患者数が公表されていますが、もはや食い止めることは出来ない状態でしょうし、発熱外来も正常には機能していないようです。
(ほとんど開業医へ返されていますね)

ですので、やはりインフル感染予防の基本「手洗い、うがいの励行」「なるだけ休養を意識してとる」等の行動をお薦めします。それとあまり人の多いところへは出て行かないことも良いでしょう。

何度も申し上げていますが、本当に恐いのは”ウィルスの変異による強毒化”です。

もはや避けられないという意見の多い中、自分に出来ることをクリアしていくしかない。

そう思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。