スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー性鼻炎の有病率

アレルギー性鼻炎の有病率は、ここ10年間で10ポイントもアップ・・
アレルギー性鼻炎に関しては、いろいろな調査が行われていますが
そのひとつが有病率調査。耳鼻咽喉科医およびその家族を対象とした疫学的調査によると、この10年間で10%も増加しています。

通年性アレルギー性鼻炎 1998年 有病率18.7% → 2008年 23.4% (+4.7%)

スギ花粉症         1998年  有病率16.2% → 2008年 26.5% (+10.3%)

スギ花粉症の増加が著しいのがご理解頂けるでしょう。

今や国民の5人に1人が花粉症と言ってもおかしくない状況で、さらに花粉症の低年齢化も進んでいる傾向がうかがえます。

私の子供も毎年この季節になると、ティッシュが欠かせません。目も真っ赤にして、見ていても可愛そうになりますね。

無花粉スギというものも研究されているようですが、我々人間側の免疫体制に大きく問題があるようです。

  
スポンサーサイト

テーマ : 花粉症
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。