スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフルとリレンザの異常行動

タミフル服用時に発生した異常行動は有名ですが、リレンザでも発生したようですね。やはり・・
今やすっかり有名になったタミフル。私は専門分野ですが、一般の人も「タミフルって恐いんだね~」って言われます。

確かにインフルエンザ罹患後タミフルを服用、異常行動を起こして不幸にも亡くなった方の話をご存知の方も多いでしょう。
全てタミフルが悪い・・・国の見解も未だグレーですので、そうかも知れませんが、私は違うのでは?と思っています。

元々インフルエンザにかかった患者は通常の状態ではありません。高熱の影響か、異常とも思える思考に陥ることがあるのです。私も子供の時、うなされて訳のわからない夢を見た経験は忘れられません。
私の知る医療関係者も同意見です。もちろん実証した訳ではないので、公式にはいえませんが
少なくともプロの間では因果関係なしと認知されているのではないでしょうか?

タミフルは素晴らしい薬剤です。発売当初、その劇的な効果に驚嘆の声が出た程。

不幸にもお子様を亡くされたご家族にはこんなことは認められないでしょうし、私が当事者なら同じかも知れませんが、事実を見ることも必要なのかも知れません。

もうひとつの治療薬リレンザは安心と言われてきましたが、先日リレンザ投薬例にも同様の異常行動があったようです。


これを受けて早速、「タミフルもリレンザもいりません!」と投薬を拒否されたお母さんもいたそうです。

ここで言いたいのは、マスメディアの安易な客寄せの情報に惑わされず、本質をよく考えないとダメだということですよ。

科学の進歩は享受しないと不利益を受けます。高熱でもウンウン唸って我慢してもいいですが、
子供の場合、さらなる合併症を引き起こす可能性もあります。

くれぐれも惑わされないように。
スポンサーサイト

テーマ : インフルエンザ・ウイルス感染
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。