スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー性鼻炎の診断

アレルギー性鼻炎の診断は、問診と検査によって決定されます。問診とは医師が口頭で患者の訴えを聞き診断を下す訳ですが、検査は・・
アレルギー性鼻炎の検査は、原因となる抗原を確定するための検査となります。

先程述べた問診で決定するのが忙しい開業医の基本でしょうが、何に反応しているのかを知ることも
大切ですので、まだの方は耳鼻咽喉科等で検査をしてもらうのも手でしょうね。

【検査の種類】

1.鼻鏡検査、副鼻腔x線検査、鼻汁の好酸球検査等

2.皮膚テスト  疑わしい抗原のエキスを直接接触させて皮膚のアレルギー反応をチェックする 

  皮内テスト・・・抗原エキスを皮内に注射する

  スクラッチテスト・・・抗原エキスをたらして皮膚を引っかく

  プリックテスト・・・皮膚を刺してエキスをたらす

3.血清特異的IgE抗体定量

 個別の抗原に対する血清中のIgE抗体を調べる検査


他にもいろいろな検査がありますが、早めに確定しておくのが賢明でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 花粉症
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。