スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー性鼻炎の治療法

基本的に重症度+病型の組み合わせで、治療は決定されます。
2009年ガイドラインにおいても、第2世代抗ヒスタミン薬抗ロイコトリエン薬吸入ステロイド薬の併用が推奨されています。
アレルギー性鼻炎の治療方法は、基本的に抗ヒルタミン薬と抗ロイコトリエン薬、吸入ステロイド剤の併用になります。現在1剤で全ての病型に効果のある薬剤はありませんので、それぞれの長所・短所を考えて使い分けるしかありません。

簡単に言えば、鼻水は抗ヒスタミン薬、鼻閉は抗ロイコトリエン、ベースに吸入ステロイドでしょうか。

抗ヒスタミン薬でよく処方される薬剤は、

 アレグラ・アレジオン・ジルテック・アレロック・タリオン等でしょうか。

抗ロイコトリエン薬はオノン、キプレス・シングレアですね。

吸入ステロイド薬は、フルナーゼやナゾネックスなどです。

各薬剤の特徴は改めて。
スポンサーサイト

テーマ : 花粉症対策
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。