スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉大飛散

昨日、今日と花粉の飛散がかなり増加しているようです。あなたは花粉症ですか?
「耳鼻科に行って薬もらわないと」。効果の強めの薬剤を服用しないと、今年は効きませんよ!
今年の花粉飛散量は当初も予測通り、早くて多いようですね。

私は医療業界に従事する者、はっきり言えばある程度病気が流行っていないと苦しいわけです。
病医院、医師、薬剤師、医薬品メーカー、卸等々。

しかし、そんな私ですが病気の苦しみはよ~くわかります。私も花粉症ですしね。

なんで、せめて薬をもらう時や病医院にかかる時は、良い情報をもって臨んでもらいたいとも思います。

花粉症に戻りますが、医師は例年ですと眠気を気にして、眠気の少ない薬剤(抗アレルギー剤)を処方したがる訳ですが(眠気より効果を重視する医師ももちろ多いですが)、今年はちょっと効かないと思います。

眠気の少ない薬剤:アレグラ、タリオン、アレジオン等でしょうか。

しかも効き始まるのも遅いので、今日受診してすぐには効きません。

ですので、眠気を多少我慢してでも効果の比較的強い薬剤(ジルテック、アレロックあたりでしょうか)を処方してもらってはいかがでしょう。

眠気を全く度外視することは出来ません。作業効率の低下だけならばまだしも、車の運転等に差し障りがあると大変。

ですので上記の抗アレルギー剤をベースに、はじめの1週間程度は抗ヒスタミン剤(ニポラジン)を夜1回とか服用すると、抗アレルギー剤の効果発現の遅さをカバーできます。
それに加えて、ステロイド点鼻剤、抗アレルギー点眼、場合によってはステロイド内服、点眼を組み合わせましょう。

あくまで医師との信頼関係が大切。今耳鼻科医も最も忙しいので、ゆっくり話しは無理かも知れませんが、知っているのと知らないのとでは大きく変ってきますので。

最近は窓口負担もバカに出来ませんね。特に鼻炎ですと2週間処方でも3000円~支払う場合もあるでしょう。3000円以上!高い!と思うかも知れませんね。

でも1日に換算すれば、コンビニでお菓子類買うのと遜色ないですよ。

高性能な薬剤と、プロの診断。安いものだと思います。

賢くクスリを用いて、少しでも快適にお過ごし下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 花粉症
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。