スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロール

コレステロールは身体を構成している細胞膜の構成成分の役割があり、とても重要なもの。
他にも肝臓で生成される胆汁酸や副腎で作られるステロイドなどの生成成分でもあります。
世間では悪いイメージに使われがちですが、大切な成分のひとつでもあるのです。

コレステロールは脂ですので、そのままでは血液の中にうまく混じりあわないので、水溶性のたんぱく質「リポたんぱく」と呼ばれる粒子になって血液中に存在します。

コレステロールは「善玉」と「悪玉」の2種類にも分類され、それぞれ役割を担っているのです。
「善玉」コレステロール(HDLコレステロール)は各臓器で使い切れず余ったコレステロールを肝臓へ戻す役割があります。

これに対して「悪玉」コレステロール(LDLコレステロール)は肝臓で合成されたコレステロールを体内の各細胞へ運ぶ役割です。

ここでLDLコレステロールが増えすぎると血管壁に必要以上にコレステロールがたまってしまい、血管の動脈硬化を進行させてしまうのです。だから「悪玉」と呼ばれるのですね。
スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。