スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護難民の受け皿はもう限界か?

死亡者が計10人に! 同施設は無届で増改築をしていたという事実も浮上。

先日もお話しましたが、わが国では介護難民が急増しています。そして難民の増加と呼応するか
ように、無届施設または法に適合していないし施設も増加しているようです。

この背景には医療行政の措置(社会的入院の削減、療養型病床の削減)、未曾有の景気下降等の
諸条件が重なっています。

この事件のあった施設へも管轄外の墨田区から多くの高齢者が送られています。墨田区では生活保護需給申請が43%増(前年同月比)にもなり、少しでも早く施設い送り込むことが同区の課題でもあた。しかし区内の施設に飽和状態で入所させられない。

こういう事情が、生活保護費を狙った地方の施設側と合致し、たとえ基準に合致しない施設でも
入れざる得なかったというのが現実なんでしょうね。

入所する高齢者の方も、自分の生まれ育った故郷を離れてでも、施設に入所せざる得ない事情があったのでしょう。

どこが悪いということよりも、今後こういう問題は急増するはずです。医療の現場では既にこういう事件を危惧する声が出ていました。

増加する高齢者、介護をしない風潮、薄れる家族愛、高齢者を切り放そうとする政府、よりシビアになる世の中etc。

高齢者の皆様になすすべはないのか。よく現実を見て、できることを検討して実行する必要があります。

残念ですが、政府はアテになりません。

自衛するしかないのが現実です。


スポンサーサイト

テーマ : 健康で過ごすために
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。