スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療機関の窓口負担

医療機関(病医院・調剤薬局)での窓口負担、いろいろ物議をかもし出しています。

花粉症の治療で来院して医薬分業を実施している先ならば、病医院で○○円、調剤薬局で3000円~5000円くらい支払われるのではないでしょうか?

「医者にかかると高い・・」

確かにそうかも知れませんが、医療機関を避けてドラッグストアで支払うお金も決して安くないはず。

しかも効果は、はっきり言ってドラッグストアのクスリは効果が弱く、コストパフォーマンスでいけば
決して医療機関は高くないと思います。

診断・治療ののプロたる医師+クスリ。何が高いか安いか、よ~く考えて病気の治療に当たるべきです。
スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。