スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗うつ剤 添付文書改訂 敵意・攻撃性の発生を明示

厚生労働省は、以前から問題視されていた「抗うつ剤の副作用」について、添付文書改訂という対応を示した。
抗うつ剤SSRI・SNRIによる副作用(殺人衝動、攻撃性増加)については、はっきりした因果関係を精査するより先に、添付文書改訂で医師に注意を促そうとする作戦に出たようです。
患者向けにはネット等で情報開示していくとのことですが、服用している患者さんにとっては、心配なことには変りありません。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。