スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医薬品卸 総崩れ

我々が病医院、薬局に行ってクスリをもらう。このクスリを供給してくれているのが、医薬品卸。
流通に携わっているので、当然納入価格も仕切っているが、近年薬価差縮小の中、今年は散々な状況らしい。
簡単に言えば、得意先である病医院・調剤にクスリを買い叩かれているのである。
俗に言う薬価差だが、これが諸悪の根源としてここ10年くらいのスパンで薬価差改善に厚生労働省が指導してきたのだが、その年月を一気に吹き飛ばすような状況。
特に調剤薬局が利益享受しており、おかげで卸の決算はボロボロ。
バイイングパワーの特に強い業界、薬価改正まで1年どう切り抜けるのでしょう?

後発差額通知 順調に展開

呉市(広島)が2008年7月から実施している、「先発品と後発品との差額通知サービス」が半年間で約2700万円(自己負担換算)の成果をあげたと発表。このサービスは膨れ上がる医療費(薬剤費)を抑制する為の作戦で行政側としては何としても成功させたい取り組みでもある。

患者側からの評価も上々ということだが、安くなるのは当然なので当たり前といえば当たり前。
問題は薬剤のクオリティでしょう。すぐに目に見えるものではないので今は何とも言えませんが、(このあたりも行政側にとっては好都合)将来的に不利益なことが起こるかも知れません。

先発が高くて良いものとは言い切れませんが、安くて良いものなんて、存在するのでしょうか?

英国グラクソ リレンザの積極的支援を表明

各国で発生している豚インフルエンザへの対応として、WHOや米国、メキシコ等と連携して支援をする旨を表明。まずメキシコ政府の要請を受け、リレンザ10万人分とインフルエンザワクチン17万人分を供給するとのこと。
是非各企業も支援に乗り出してほしいところですね。

介護職員

介護の現場も大変なようです。まさに現代の3K(ちょっと古い表現ですが)で、本当に働いている方に対してスゴイなと思います。
以前に今年4月から介護報酬UP、職員の給料もUP!という記事を目にしました。きつい仕事をしている介護職員の方に朗報?と思いましたが、そう簡単ではないようです。
結局介護施設経営者側に搾取されてしまうのでしょうか?

薬価差

薬価差=公定価格(薬価)と実納入価格との差。これが医療機関や薬局の利益につながるのだが、以前から厚生労働省は薬価差ゼロを目指して、薬価差縮小に努めてきた。
何故かと言うと・・

続きを読む

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。